« 2016年02月 | メイン | 2016年04月 »

2016年03月 過去の記事

2016年03月02日

関東研修4日目【サッカービジネス科】

投稿者: cups

みなさん!こんにちは〜icon:mark_ecstoramation
サッカービジネス科1年の菊谷です。

今日も、引き続き、
1/28〜2/2まで行われた
サッカービジネス科冬季関東研修の様子をお届けしますicon:E62

続きを読む "関東研修4日目【サッカービジネス科】" »

【地域活動】☆赤谷どんつき祭りに参加☆

投稿者: cups

 
 
こんにちは!!
 
 
サッカービジネス科1年の中川幸大です!
 
 
2月20日(土)に新発田市の赤谷地区で行われた赤谷どんつき祭りに、【女子サッカー専攻科】と【サッカービジネス科】が参加しました。
  
 
赤谷どんつき祭りとはなんと700年以上もも前から続いている祭りです!700年以上も前というと想像もつきませんね…
 
 
メインイベントとしては男衆と呼ばれる方たちが神社の境内で身を寄せ合い厄を祓うというものです。
参加する前はどのようなものかイメージはできなかったのですが、とにかく寒いだろうなと思っていました笑
 
 
当日朝8時半からお祭り会場の雪を踏んで固めるという作業を行いました。雪を踏むときに深くまで沈まないようにするためあるものを履きました!
 
 
%E5%86%99%E7%9C%9F1111.jpg
 
 

続きを読む "【地域活動】☆赤谷どんつき祭りに参加☆" »

2016年03月04日

関東研修5日目【サッカービジネス科】

投稿者: cups

みなさんこんにちはicon:f99a
新潟の寒い冬にやられ、風邪気味のサッカービジネス科1年の塩川です。
今回は関東研修5日目icon:mark_ecstoramation

続きを読む "関東研修5日目【サッカービジネス科】" »

2016年03月15日

【TOPチーム】トレーニングマッチのご報告

投稿者: cups

2016年3月14日(月)に、TOPチームがトレーニングマッチを行いました。

会場
十六沼公園 サッカー場
11:00キックオフ 45分×2本

結果
1本目:JAPANサッカーカレッジ 1 ― 2 福島ユナイテッドFC
2本目:JAPANサッカーカレッジ 0 ― 3 福島ユナイテッドFC

結果:JAPANサッカーカレッジ 1 ― 5 福島ユナイテッドFC

得点者
1本目 オウンゴール
※得点者はJAPANサッカーカレッジのみ記載

福島ユナイテッドFCの皆様ありがとうございました。

北信越リーグ開幕まで残り1か月を切りました。
今シーズンも熱い応援をよろしくお願いいたします。

2016年03月19日

サッカーの楽しさを伝える「キッズリーダー養成講習会」

投稿者: cups

JAPANサッカーカレッジ サッカービジネス科担当の小池です。
2016-2017シーズンのJリーグも開幕し、サッカーを愛する子供達の活動も活発になってくる時期となりました。

JAPANサッカーカレッジでは、そんな子供たちにサッカーの楽しさを伝え「将来のJリーガー」や「日本代表」を目指すきっかけづくりを提供できるよう「キッズリーダーの資格」を取得しています。

講師はコーチ・審判専攻科、担当の須崎先生

須崎先生は20年以上に渡りサッカーの普及に子供から大人まで幅広く携わっている「プロの先生」です。


IMG_1260.jpg

そんな須崎先生指導のもと、
サッカービジネス科、女子サッカー専攻科、コーチ・審判専攻科
サッカーコーチ研究科、トレーナー専攻科、マネージャートレーナー専攻科

の学生が「キッズリーダー取得」に向けて積極的に講習会参加をいたしました。

講義内容は午前中に基礎講義、午後は実技講習といった流れです。

午前中の基礎講義では、子供たちの「体の成長過程・注意点」や「安全・安心・楽しく」などを学びしっかりとしたプログラム提供を行えるよう学習しました。

IMG_1236.jpg

午後はそれをもとにした実技講習です。
ポイントは「全体のテーマ」をどこにおくのか。
各プログラムの「意図」は何なのか。
など自分達で実技を体験しながら、より効果的なプログラムを提供できるよう学習しました。

須崎先生の指導は、大変わかりやすく細かいところまで教えて頂きながら、サッカーの楽しさを再確認し、学生たちは受講することが出来ました。

今後、学生たちはこの資格を元に「子供たちの将来のため」実習やイベントなど幅広く経験を積んで即戦力へと成長していきます。

IMG_1238.jpg


将来、子供たちと一緒にサッカーをしながら仕事をしていきたいと人!

将来、Jリーグチームでスクールビジネスをしたい人、各地域でスクールビジネスをしたい人

こういった夢を持っている人には、とても大切な資格でありJAPANサッカーカレッジには学ぶ環境があります。
サッカー指導の「プロ」がいるJAPANサッカーカレッジに遊びに来てください。

IMG_1245.jpg

日本で唯一のサッカー専門学校は「JAPANサッカーカレッジ」

投稿者: cups

JAPANサッカーカレッジ サッカービジネス科担当の小池です。

JAPANサッカーカレッジはJ1アルビレックス新潟のアマチュア育成組織としても活動しております。
サッカービジネス科の学生は将来Jリーグチームのフロントスタッフとして活動したい学生ががんばっています。


現在は、これから本格化していく各種ホームゲーム運営の準備をしているところです。
自分たちでホームゲーム運営のスタッフ配置を考えたり、スタッフの運営準備(スタッフホルダーの作成・運営に必要な各種マニュアルなど)
これまで身につけた経験と実践力を元に作り上げ準備を進めています。


IMG_3989.jpg


また、JAPANサッカーカレッジには「クラブチーム」もあります。

サッカー専攻科のトップチームやセカンドチームが所属する北信越フットボールリーグと女子サッカー専攻科が所属するPlenus(プレナス)チャレンジリーグの試合運営もサッカービジネス科の学生が作り上げていきます。

日本で唯一のサッカー専門学校ならではですよね!

IMG_3980.jpg


この実習では、実際のクラブチームのマネジメントを行うのと一緒の仕事(実習)をしており、現在サッカービジネス科の1年生は


●試合当日の「マッチデープログラム」の作成
●選手名鑑の作成
●クラブ会員募集の案内チラシ
●イベントに備えた景品づくり等を行い本番に向けて準備していきます。


IMG_3978.jpg

1年次の終わり頃に「自分たちの手」でしっかりとこういったことが出来るようになるのは、JAPANサッカーカレッジで行っている豊富な実習量と先輩達が築き上げてきたノウハウや伝統をしっかりと受け継いでいるから出来ることです。


もう半年もすれば、即戦力として各クラブを中心に活躍の場を広げていきます。
全国の各クラブにはJAPANサッカーカレッジの卒業生が多数活躍しています。その背景にはこうした学生を育てる環境や仕組みがJAPANサッカーカレッジ、サッカービジネス科にあるという事ですよね。


IMG_3991.jpg


Jクラブを目指したい人、他競技のプロチームでフロントスタッフとして活躍したい人は、一度JAPANサッカーカレッジに遊びに来てください。

2016年03月20日

【TOPチーム】トレーニングマッチのご報告

投稿者: cups


2016年3月19日(土)に、TOPチームがトレーニングマッチを行いました。


会場
JAPANサッカーカレッジ グラウンド
11:00キックオフ 35分×3本

続きを読む "【TOPチーム】トレーニングマッチのご報告" »

2016年03月22日

【TOPチーム】トレーニングマッチのご報告

投稿者: cups

2016年3月21日(月)に、TOPチームがトレーニングマッチを行いました。

会場
山形総合運動公園 サッカー場
11:00キックオフ 45分×2本

続きを読む "【TOPチーム】トレーニングマッチのご報告" »

2016年03月28日

【TOPチーム】トレーニングマッチのご報告

投稿者: cups

本日2016年3月月27日(日)に、TOPチームがトレーニングマッチを行いました。

会場
秋田市八橋運動公園 サッカー場
10:00キックオフ 45分×2本 , 30分×2本

続きを読む "【TOPチーム】トレーニングマッチのご報告" »

2016年03月29日

☆女子サッカー通信☆ 桜のつぼみに思うこと。

投稿者: cups

桜前線が少しずつ北上してきているみたいです。
今日明日くらいは、北関東や北陸の一部あたりで、つぼみが開くのか?いやまだなのか?というところでしょうか。
 
こんにちは、女子サッカースタッフの佐藤です。
 
 

続きを読む "☆女子サッカー通信☆ 桜のつぼみに思うこと。" »

2016年03月31日

「春のスポーツ体験フェスタ2016」地域貢献活動

投稿者: cups

地域の皆様にサッカーの楽しさとJAPANサッカーカレッジの活動を理解して頂くために行われている「春のスポーツ体験フェスタ」今年も開催いたしました。 サッカービジネス科担当の小池です。このイベントにサッカービジネス科も大きく関わっておりますので小池よりお伝えいたします。

イベントは3月21日に行われたものでプログラム参加者は約200名、見学や付添いの方も含めますと大変多くの皆様にお越しいただいたイベントです。


IMG_8995.jpg


JAPANサッカーカレッジでは、学生の教育活動と合わせてJリーグ各チームと同様に地域貢献活動も行っております。学生達もこのイベントの企画運営に参加。

☆どのようにして地域の皆様にサッカーを通じてコミュニケーションを図るのか。
☆自分たちは「サッカーというコンテンツ」を使ってどのように価値を創造できるのか。
などを学ぶことが出来ます。


IMG_9155.jpg

先生方も入り一緒に楽しみながら行われているイベントです。
各カテゴリーに分かれたサッカー教室
学年別・男女別・種目別等、各種プログラムを用意し行っているイベントは常に子供達の笑い声が絶えない様子。
特に「速く走るコツ講座」はこれから運動会シーズンを迎える子供達に、よい機会となったようです。


IMG_9340.jpg


また、学校の校舎を活用した「宝探しゲーム」(サッカービジネス科担当)
校舎を探検してもらいながら、ターゲットの学生を探し「お宝」を探すゲームは親子でふれあいながら「お宝」を探す様子がとても印象的でした。


先日ブログにて紹介した「キッズリーダー養成講習会」を終えた学生も多く参加したことから、さっそく資格を活かした実習が模様で学生の成長の場にもなりました。


IMG_9436.jpg


引き続き、JAPANサッカーカレッジは地域貢献活動も行いながらサッカー業界発展のために活動をして参ります。

未来のなでしこがJAPANサッカーカレッジに集結!

投稿者: cups

JAPANサッカーカレッジ主催「プリンセスサッカーフェスティバルin新潟聖籠」を開催いたしました。JAPANサッカーカレッジ サッカービジネス科担当の小池です。

大会趣旨は、女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」がリオディジャネイロオリンピック予選敗退したことをきっかけに、2020年東京オリンピックでは「なでしこジャパンの復活」となることを目指して女子U-15世代(未来のなでしこ)の強化促進のために「プリンセスサッカーフェスティバルin新潟聖籠」を開催することになりました。

IMG_8641.jpg

また、(公財)日本サッカー協会が発表した“なでしこvision 世界のなでしこになる。”の達成に寄与する為に、女子選手のプレーの環境整備として技術習得の機会を提供し、選手個々の強化を図ることも目的として実施したものです。


IMG_8642.jpg

直接、企画運営を行ったのは「サッカービジネス科」の学生
全国にあるU15のチームに参加を呼び掛けたところ以下のチームが参加してくれました。

1、AC 長野パルセイロ シュヴェスター(長野県)
2、JAPANサッカーカレッジ 「JSC LUMIERE(リュミエール) U-15」(新潟県)
3、NPO法人駒沢サッカークラブ FC駒沢女子(千葉県)
4、VOCK大崎レディースU-15(宮城県)
5、足利・両毛ローザ FC(栃木県)
6、開志学園JAPANサッカーカレッジ 高等部(新潟県)
7、水戸ホーリーホック EIKO レディース(茨城県)
8、ベガルタ仙台レディースジュニアユース(宮城県)
以上のチームです。(順不同)
ゲスト出演(交流試合)として
「アルビレックス新潟レディースU-15」も参加。


IMG_8664.jpg


「プリンセスサッカーフェスティバルin新潟聖籠」の大会結果は
優 勝:開志学園JAPANサッカーカレッジ 高等部(新潟県)
準優勝:ベガルタ仙台レディースジュニアユース(宮城県)
第3位:水戸ホーリーホック EIKO レディース(茨城県)
となりました。


IMG_8653.jpg


各チームは普段の練習の成果を試すとともに他チームとの選手間やスタッフ同士の交流も行い、今後のサッカー人生にとってよい刺激となる大会になったと思います。

IMG_8648.jpg


サッカービジネス科の学生たちは、大会要項の作成・運営準備から各チーム宿泊先の手配、SNSを活用した大会やチーム情報の発信など、参加者の皆様に喜んでいただけるよう実習をしておりました。
特に地元の聖籠町観光協会様、聖籠町民宿・旅館組合様との連携により、スポーツツーリズムを通じて地域貢献活動が出来たことはとても大きかったと思います。

IMG_4065.jpg


また、大会期間中はたくさんのメディア様より取材して頂き、サッカービジネス科の学生たちも達成感を感じていたようです。

取材をして頂きましたメディアの皆様大変ありがとうございました。

こうした実習が行えたのは「JAPANサッカーカレッジ」が全国で唯一のサッカー専門学校であり多くの卒業生がサッカー業界を中心に活躍しているからこそになります。

IMG_8671.jpg

JAPANサッカーカレッジから全国へ!
JAPANサッカーカレッジから世界へ!
学生や卒業生たちの活躍の舞台は広がります。

<<前のエントリへ